読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねるねるねるね

主食はNEWS 間食が多い掛け持ち。

ポルノグラフィティの新曲「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」が発売されたよ。

ポルノグラフィティの話

  ジャニーズの話ではなく、ポルノグラフィティの話をします。

 

一週間前の11月9日に、ポルノグラフィティの44枚目のシングル「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」が発売されました。

ジョバイロ/DON'T CALL ME CRAZY」以来の両A面シングルです。11年ぶり・・・?

 

「LiAR」は、日本テレビ系「スッキリ!!」11月度のテーマソングに、

「真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」は、フジテレビ系「魁!ミュージック」11月度マンスリーアーティストとしてのタイアップがついています。

表題曲とは別に、カップリング曲が1曲収録されています。

 

ともかく、ポルノグラフィティが最近新曲を出したということを知っていただければ嬉しいです。

折角なので下のサイトへアクセスして視聴してみてくれ~~~~~!!!!

porno-campaign.com

 

なんなら、あわよくば買って欲しいです(直球)

 歌詞カードにも仕掛けがあるよ!WOW!

 

 

 

 

さてここからは完全に独り言です。

 

 

 

音楽雑誌が多数休刊になったり、数少ない音楽番組がローカル放送だったりと、ミュージシャンの露出は限られているとはいえ、今回(いやいつもだけどオリコン初週における新曲の宣伝量が少ない気がしていることに心を痛めているのですが。もう仕方ないので、きっと年末の音楽特番でたくさん唄ってくれると信じるしか。

 

というか発売したのがMステ放送休止週だったのが痛い・・・(今週にでも出ればよかったのにね)

そもそも音楽雑誌って今何が息してるの?かつて私が購読してた雑誌(PaTi PaTiとかWhat's IN?とかオリスタ)はだいたい見かけない状態になってるんですけど・・・どうして晴一さんが月間ハウジングに掲載されるのかが今年最大の謎)

 

また、 「LiAR」「真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」にはそれぞれMVが製作されました。両方のMVを同時再生するとシンクロするという仕掛けもあるんですけど、このコンセプト自体はすっごい面白いんですよ。世界観の違う歌詞を持った(しかも作詞作曲も昭仁さんと晴一さんとで違うし)2つの曲がどうシンクロして、どんな化学反応が生まれるのかは見てみたいんですよ。ただ、

このシンクロ企画の宣伝の仕方が個人的には気に食わなかった(TwitterのRT数稼ぎで徐々に公開される形式)ので、なんだかなぁと。TwitterにおけるRT乞食行為がそんなに好きじゃないからなのかな・・・。

一応、持ってるTwitterのアカウント総動員にRTしたところで、これが見たいのって結局はポルノのファンだけじゃないですか・・・なんか、もっと別の畑の人たちの気を引けるようにしたらいいのになって思っちゃうんですよ。どんな方法がいいのかなんて聞かれても分からないけどさあ。すみませんね!!!!

 

というかもう既に発売したんだから、変にTwitter連動企画にこだわる前に、いい加減フルで公開して!?!?!?!MVを中途半端に再生したくない人間だっているんですよ!?!?!?!?!(私)(これのせいでまだ見てない)(すまんな)

 

というか撮ってくださった監督さんも、まさかこんなに小出しにされるとは思っていなかったのでは・・・?(知らんけど

 

※追記 11月15日をもって、同時再生MVがフルで解禁されましたね。11月20日23:59までの限定公開とのことなので、まだの方はお急ぎを・・・。(リンク繋げておきますね) 何をもってLEVEL MAXにゲージが到達したのかが明確でないことにモヤモヤするんですけど、(期間限定とはいえ)公開してくれただけ良しとするか・・・。なぜ初回盤のDVDに収録してくれんかったんや・・・

 

あとファンにさえ怪訝な顔をされている身内ネタ(「真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」を「もやし」「白もやし」という略称名ばかりで宣伝している件)も、曲名売り出す気あるんかいなって思いました。この略称が作った本人からの発信なら100歩譲って許容するけどそうでもなさそうだし。タグにしてる場合か?と思ってしまう。ちなみに、正式名で呟かないとビルボードに引っかからないらしいってのは、キスマイのシャララの件で学びました。

 

・・・ ポルノの話をするとすぐ運営へのやりきれない気持ちで溢れてしまうのはよくないので、ここで止めておくとして。

 

運営に対して愚痴ってしまったので申し訳ないんですけど、新曲超絶いいんですよ。めちゃくちゃかっこいい。更に言えば、ここまで触れてきていないカップリング曲はもっといい。なので、熱が冷めないうちに独り言をこぼしておきます。ただただ独り言です。

 

メンバーが曲について公言してるところに現段階では出くわしてないので(Youtubeでの特番も最後の「ハネウマライダー」の生披露しか見れなかったんだ)

とにかく吐き出したいだけの独り言です。自分の持つイメージを大事にしたいファンの人は見ないで下さいね。万が一不快な思いをさせたとしても責任とりません。

 

 

M-1 「LiAR」

作曲・作詞:新藤晴一 / 編曲:tasuku,Porno Graffitti

 

※「横浜ロマンスポルノ'16 ~THE WAY~」にて初披露されたとのことですが、私は参戦していないので、CD音源がはじめまして状態です。ライブに参戦した友人数名からは「歌詞がだいぶ変わった」だのなんだの聞いたのですが、レポは深追いしない主義・ライブの模様が放送されたWOWOWでの映像も未視聴状態なので、初披露段階での「LiAR」についてはここでは触れません。

 

・最初に歌詞を見たときに「その歌詞がここにあるのが違和感あるな」と感じたのが一番最初に「あなたの嘘がやさしさだったと 時間が僕に気づかせた」というフレーズを持ってきているところ。晴一さんの歌詞って、キーポイントになるフレーズや歌詞の世界における主人公が下した結論となるような心情が、曲の中で何度か繰り返し使われていたりとか、曲の最後のサビで登場する印象を持っていたのだけど、今回このフレーズが出てくるのって曲の最初でここだけなんですよね。違和感というか、不思議というか、新鮮というか・・・上手く言えないけど、「ただの嘘つきとの間にあった失恋の曲じゃないんだろうな」と思いました。

 

・ちなみに「ただの嘘つきとの間にあった失恋の曲じゃないんだろうな」という予感は、2番のAメロの歌詞だったり、最後の「よく見れば皆 本当を隠してる 白い仮面の下」とかで「だよね~~~~~」と思いました。上手く言えないけど、特定されていない第三者がしれっと登場してくるところ。

 

・全体通して、多分自分がポルノのファンじゃなくてもメロディ聞いて「うっわ これはポルノグラフィティ」と思うだろうな~~と感じた。ラテンでロック。重いわけじゃないけど軽やかというわけでもないアンバランスさが好き。ポルノグラフィティもっと「LiAR」推して!?!?これは皆が好きなポルノグラフィティだよ!?って思うよ!?!?!? 運営がんばって・・・

 

・サビの「Liar Liar」の前の昭仁さんの「Oh」の入りが気持ちよくて好き。

 

「Du Ra Pa Pa Bailar」 Bailarスペイン語で「ダンス」の意。DuもRaもPaも多分意味があるんだろうけど、このリズム感が楽しいから別にいいや。口にしたくなる。そういえば前の両A面のジョバイロって「私は踊る」の意味でしたね。一つの恋に翻弄される様子を「踊る」って言葉に置き換えるのが好きだったな~とか思い出しました。

 

・ジャケットの赤色がそうさせてるのか、サビの歌詞の「赤い血」がそうさせてるのか分からないけど、 「プラスティックな花びら」を咲かせる花をパッとイメージしたときに出てきたのは「ジョバイロ」のジャケット写真のような一輪の薔薇の花でした。

 

「Liar Liar 僕も上手な噓つきね」 音数の問題だとしても、 『「」も上手な噓つき「」』昭仁さんが歌うと、一人称が「僕」でも女性的に聞こえてくるのが不思議。いや、女の子でも「僕」って言う人いるっちゃいるけど。晴一さんの歌詞だなぁ、ってここが一番思った。なんとなくだけど。

 

・あとなんで歌詞の中は「Liar」なのに、タイトルは「LiAR」なんだろう。

 

 

M-2 「真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」

作曲・作詞:岡野昭仁 / 編曲:江口亮,Porno Graffitti

 

・ア"ーーーーーーポルノグラフィティのライブ行きたいーーーーーーーー!!!!!!!!!!第一に思ったのがこれ。拳を突き上げながら頭を揺さぶりたい・・・

 

・それぞれの楽器の音が無骨に剥き出しでかっこいいな~~~って。

 

・失敗と成功、光と闇、黒と白、対比するものが疾走するメロディーとともに鋭利に突き刺さってくる感覚がとても痛くて気持ちいい。ドMなわけじゃないよ。

 

「惑わないように 染まらないように その身をただ輝かせていればいい」この歌詞を唄う岡野昭仁さんがぶっちぎりの優勝過ぎる。私の信じている岡野昭仁さん像でしかない。昭仁さんが光そのものだからこそ、「世界を切り開け 塗り変えていくんだ 心のままに 生き抜いていくために」なんて壮大なこと唄われても信じられる。 「Love・E-mail・from・1999」ツアーにおける「Let's go to the answer」の昭仁さんを彷彿とさせられる力強さを感じました。

 

・ただただ「岡野昭仁 素晴らしい ありがとう 明日も強く生きたい」の境地過ぎるので、もっと聞き込みたいし、もっと唄って欲しい・・・

 

 

M-3 「Part time love affair」

作曲・作詞:新藤晴一 / 編曲:トオミ ヨウ,Porno Graffitti

 

・うわーーーんこれ大好きだよ最初の一音聞いた時から大好きでしかねぇ!!!!!!!!!!!!!こういうの欲しかったんよ。トオミヨウさんが個人的にとても好きなアレンジャーさん(「星球」とか「ゆきのいろ」とかの編曲されている方です)なので、期待はしてたけど!!!期待以上だった!!!

 

・「皆に聞いて欲しい~~!!!」と思う反面、「この曲良すぎるから独り占めして~~~!!」という気持ちも抱いてしまう。こう思える曲久しぶりで嬉しい。

 

・「Part time love affair」の歌詞を一読したときに、晴一さんがBuzyに提供した「パシオン」のことを思い出しました。車の中で交わされる複雑な逢瀬が題材になっているからなのかな。もちろん視点も二人の関係性も違ってはいるんだけど。久しぶりに聞いてもやっぱり好きだった。それだけなんですけど。

 

「指切りをしたでしょ?最初の日に」と返す相手の二人称が全然出てこないのが不思議。 「君はそうWのマーメイド」の一度でしか出てこない。恋焦がれてる「」とテーブルを共にする「あいつ」は2回出てくるのに。恋敵のことを超意識している。超嫉妬してるやん。

 

「フロントガラスに書き足した「Why?」」とかいう描写よ。なによ。(褒めてる) どうしようもないオタク(私)が曇りガラスに書き足したことのあるものなんて好きな人の名前くらいなんですけど。(最近手越祐也って書いたよ) 「Why?」って。

さっきまで近い距離にいて、ルールを破ってまで帰したくないくらい相手のことが好きなのに、フロントガラスに書き足す文字が「Why?」って。オシャレかよ~~~!!!と思いつつ、「うわこいつめんどくさい男だな」とも思いました。えへへ。これ書いてるのギタリストだった。そりゃそうだ。(褒めてる

 

というか、こういう時って相手の名前とか書いちゃわないのかな・・・?と思ってしまうんだけど、この主人公はフロントガラスに相手の名前を書かずに「Why?」で溢れさすんでしょ?この主人公って恋焦がれている相手の名前ってちゃんと知ってるのかな・・・?と、ふと思いました。二人称が全然出てこない引っ掛かりが余計気になってきた。んーと、そうなると「ただひと言聞かせて」という歌詞が「君の名前を聞かせて」にも捉えられるかなとか。知らんけど。

 

とにかく、広い余白を愛しく思える歌詞がとても好きです。

 

・歌詞中の「Part time love affair」「Part」の昭仁さんの声の伸ばし方がとっても官能的で「あっこれです・・・聞きたいのこれです・・・」と恍惚状態に陥る感覚がたまらなくて何度も聞いてる節も正直ある。

 

・歌詞の世界観とか丸無視して「もっと早くに出会えていたらなんて つまらない想いが胸を巡る」のフレーズがめちゃくちゃ痛い。分かる。毎日思ってる。好きなアイドルに対しては一度は抱くよね。

 

ポルノの曲について独り言吐き出すの多分「東京デスティニー」の時以来だからこんな感じでよかったのか感覚が掴めないけど、また独り言を吐きたくなったら地味に更新しようとは思ってる。

 

 

 

 

オリコンチャート高順位獲れますように!!!!!!!!!!!!!

(この一週間ずっとaffairの綴り間違ってた恥ずかしい)